残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐

2016年1月30日(土)に公開。小野不由美の小説を、『白ゆき姫殺人事件』などで知られる『中村義洋』監督が映像化したホラー作品。

ホラーものが好きではない人はどういったところが好きではないのだろうか、単純に怖いからなのか、いきなりびっくりさせるからなのか。。。この作品は、いきなりでてきたりびっくりさせる要素というよりかは、ある発端を紐解いていきながらジワジワと怖さが迫ってくるような演出で最後まで楽しめた。

『竹内結子』は、今作では小説家を演じているが地味な演技がハマったなと思った。少し猫背な姿勢を保ちいかにも長時間のデスクワークで疲れている小説家をうまく演じていた。疲れている感じ、猫背な感じがほんとうに疲労からなのか憑かれているのかは映画をみて感じてもらいたい。

また、『佐々木蔵之介』の眼を見開く演技は今作の役においてもいい味をだしているなと思った。

評価:

映画『残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−』予告編

<ストーリー>
小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。
「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。彼らは、なぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか…。「私」たちは、数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に辿り着き、やがて、さらなる事件に巻き込まれていく…。

参考:公式サイト

また、ホラー映画のおきまりのそこにあるはずのない“不穏な何か”が映り込んでると言われています。その様子が、特別映像にまとめられています。

映ってはいけない何か・・・

スポンサーリンク