劇場版 MOZU

2015年11月7日に公開。ドラマでシーズン1,2を通して出演したレギュラー陣に加え、「ダルマ」役で『ビートたけし』が登場する他、『松坂桃李』、『伊勢谷友介』などがゲスト出演。劇場版でやっとダルマと娘の死の関係が明らかになる。

劇場版MOZU 通常版DVD

 トレーラーをみたとき、敵対しているキャラの見た目がアニメ的な感じになっていたり、そのキャラクターがどんどん過剰な演技に見えて、ドラマで感じた重厚なストーリーや設定、せっかくのダルマという謎の存在の怖さが薄れてしまっているように感じた。スペックというドラマのようにドマラは面白く、映画は過剰演出になりすぎてしまう感じかなと思っていた。

けれど、海外で撮ったというのも相まって過剰な演技もアリだなと思えた。この劇場版で終結をみせたけれど、最後の『西島秀俊』の表情が何を物語っているのかスッキリしなかった。アクションシーンが多く狂気に満ちた殺人鬼を演じた『松坂桃李』はうまいなと思ったし、戦っているシーンの光とか臨場感が良かった。『松坂桃李』は最近だと「ゆとりですがなにか」で童貞の先生役してたり、詐欺師の役とかの演技をみたけれど、どの役でもうまく表現できててすごいなと改めて感じた。

評価:

「劇場版 MOZU」予告編

スポンサーリンク