恋人たち

2015年11月14日に公開。橋口亮輔監督・脚本によるドラマ映画。

恋人たち [DVD]

『それでも人は、生きていく』んです。この映画と言うかこういう話の人間交差点をみていると生きていく不安が助長する。もともと生きていくことに関して不安しかなくて何をやってもうまくいかず、社会のレールから少し外れただけでだれでもそういう溝に陥ることがわかるし実際にそっち側の人間だからだ。

そして誰にでも何事もなかったように明日はやってくるし、でもその当たり前だと思ってることができる、起こる来る感じれる、明日がくるってことはなにかが変わる可能性もあるし、生きるのは苦痛だけれど生きてるからこそそういうことが幸せなのかなとも思う。

物語は何人かの人の視点からそれぞれの話が進んでいく。立場や環境、趣味嗜好がぜんぜん違うタイプで描かれてるから一人の人だと単調な展開になってしまうかなと思ったけれどそれがいい感じに分散されていて恋人という1つのテーマの物語になっている。単純な恋愛ものではなくて人間味があってそれぞれ個性が強いので楽しめた。日本の空っていいなぁと思う。これから冬になって更に空が高くなっていい季節です。下ばかり向いてないでたまには上をみよう。

評価:

映画『恋人たち』予告編

スポンサーリンク