後妻業の女

黒川博行の小説『後妻業』を『後妻業の女』のタイトルで映画化。2016年8月27日公開。鶴橋康夫監督・脚本、大竹しのぶ主演。豊川悦司など豪華キャスト。

gosaigyou

内容はゲスでエロくてVシネマな雰囲気を感じた。話もテンポよくてあっという間に見終わってしまった。完全に後妻業は犯罪なのだけれど犯罪という怖さがなくてなんというかコミカルに映っていて、『豊川悦司』のあーゆークズな役ほんとにツボで好き。コミカルさを感じるのは大阪弁だからもありそう。それとなんといってもやはり『大竹しのぶ』がスゴイ。ナチュラルすぎてみていて引き込まれた。

あと、『樋井明日香』が体当たりな演技をみせてくれている。可愛くてキャプチャがメインの役者より多くなってしまった。表情がコロコロ変わるところとか従順な感じが男性だったら瞬コロになってしまうと思います。年齢層高めな配役の中で濡れ場をしっかりみせていてそのギャップがよりエロさを際立たせてる。

評価:

あらすじ

直木賞作家・黒川博行の「後妻業」を、大竹しのぶと豊川悦司の共演で映画化。「愛の流刑地」「源氏物語 千年の謎」の鶴橋康夫監督がメガホンをとり、資産を持つ独身男性の後妻に収まり、多額の金品を貢がせる「後妻業」を生業とする女の姿を描く。結婚相談所主催のパーティで知り合い、結婚した小夜子と耕造。2年後に耕造は死去するが、娘の朋美と尚子は、小夜子が全財産を受け継ぐという遺言証明書を突きつけられる。小夜子は、裕福な独身男性の後妻となり、財産を奪う「後妻業の女」で、その背後には結婚相談所所長の柏木の存在があった。一方、父親が殺害されたと考える朋美は、裏社会の探偵・本多を雇い、小夜子と柏木を追いつめていく。小夜子役を大竹、柏木役を豊川が演じ、尾野真千子、長谷川京子、永瀬正敏らが共演する。

「後妻業の女」特報

スポンサーリンク