ブラック・シー(BLACK SEA)

2014年に公開。主演は『ジュード・ロウ』。ナチスドイツの潜水艦に眠るといわれる金塊引き揚げに挑む12人の男たちの野望を描く海洋サスペンス。

ブラック・シー [Blu-ray]

ナチスの金塊、潜水艦、Uボート。このワードだけでちょっと観てみようかなと思う人もいる気がします。

類にもれず私もそうだったが、ジュード・ロウしか出演俳優で知っている人はいなかった。潜水艦での緊張感がもう少し欲しかった。それと人間ドラマ不足感がいなめない、あっさり(単純・短絡的)しすぎてる気も。洋画を観ていつも思うのがそんなに頭を使って考えないでみれるものが多い気がして、けれどそこに良さがあるし、ダイナミックな映像でみれるので楽しめる作品になっていた。

監督は、ケヴィン・マクドナルドで他に、「ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド」、「わたしは生きていける」を手がけている。

わたしは行きていける は気になっていたのだけれど、まだ観てなかった。これを機会に見てみたいと思う。

評価:

 

映画『ブラック・シー』予告編

スポンサーリンク